東京都現代美術館 ミナ ペルホネン


師走12月も半ば

今は建築ツアーの企画・作成の真最中

是非、皆様からも建築ツアーのご希望をお寄せください

 

さて、あちこち勉強会・講演会・展示会にも足を運んでおりますが、

先日訪れた東京都現代美術館 ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展

 

 

 

 

 

 

 

 

私の(勝手に思いっている)美術・建築の御師匠様からのご案内で行ってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです

会場構成は田根 剛氏

 

皆川氏の考える「宿」が中村好文氏の設計で展示されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィボナッチ数列(0,1,1,2,3・・・・隣合う数字を足していくやつ)を元にデザインされたとかで

こちらは皆川氏のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは中村氏のプラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど 数列配置なわけね

以前、ギャラリー間で展示された中村氏の「小屋」にも通じるような感じ

 

 

展示のキャプションは葛西 薫氏

葛西氏と言えば、私が真先に頭に浮かぶのは

ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)の本

建築を考える ARCHITELTUR DENKEN

空気感 アトモスフェア ATMOSPHAREN

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語版のブックデザイン 葛西 薫

 

ドイツ語版はケルンのブラウザークラウス 野の教会を見に行った際に購入

(読めないけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)建築ツアー、久々企画しようかしらん?

ご興味のある方はご一報ください

 

素敵な週末をお過ごしください

 

なかの