営業時間はこちら

B1 2020年3月25日(水)~3月31日(火)




『 茅野吉孝とスペインを描く 帰国展 』






昨年10月、茅野吉孝先生と11日間かけてスペインを旅したメンバーによる帰国展です。
水辺の木々が美しいアルカラ・デル・フカルは、断崖に民家が連なる小さな町。
続いて4連泊した山岳都市・アルバラシンは、古い建築様式の“歪んだ家”、台地の頂から見る城壁跡や旧市街の塔、屋根の面白さに、スケッチ熱が高まったとのこと。

その後、世界遺産になっているトレドへ移動し、川を隔てた丘の上から街の全景に向き合ったり、エル・グレコ美術館を訪れたりと、
思い思いに取材をされました。

14名の思い出が結実した油彩画・水彩画、約30点を展示いたします。




外出を自粛されている方も多いため、
今回はギャラリーに展示した全作品を
掲載しております。




アルカラ・デル・フカル
茅野吉孝
【講師】


シグエンサ
斎藤良夫
<賛助出品>


トレドの家
斎藤良夫
<賛助出品>


アルバラシンにて
長谷川道子


アルカラ・デル・フカルにて
長谷川道子


路地
石田千津子


路地
石田千津子


屋根
石田千津子


タホ川風景
北野清子


妖精のトレドさん
北野清子


赤い風車小屋
北野清子


街(アルバラシン)
宮内ふさ子


古都(アルバラシン)
宮内ふさ子


アルバラシン
長畑裕子


シグエンサ
長畑裕子


トレド
長畑裕子


サンマルティン橋
佐々木めぐみ


教会
佐々木めぐみ


朝のトレド
田中絹江


夕暮れのアルバラシン
スペイン
冨田眞澄


歪な家
アルバラシン
冨田眞澄


白くかがやく村
(アルカラ・デル・フカル)
富田輝子


夜明けの小径
(アルバラシン)
富田輝子


アルカンタラ橋(トレド)
上野安子


シグエンサのカテドラル
上野安子


歪んだ家
(アルバラシン)
山本友子


白い町
(アルカラデルフカル)
山本友子


マイヨール広場へ
(アルバラシン)
山本友子